読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

母子共に試練をこなした1日は。気持ちがタイムトリップ.

子育て フランス FRANCE 2016

f:id:kitagawamika014:20160917091106j:image

今日は母子共に試練の日。
あまりにも後追いして。私は1人でトイレに行けない程。

f:id:kitagawamika014:20160916184350j:plain

f:id:kitagawamika014:20160916184327j:plain


友人の父がハッチにゲートを用意してくれた。


しかし、ゲートとの中に居ても、私を求める。
私が一緒にゲートに入っていないと駄目。


泣いても、アテンションを向けないようにしよう!
と。

朝はハッチが泣いても私は登場せず。
折角。
フレンチガールやロンドンガールに抱かれても大泣きは止まらず。


私は皆さんの優しさのお陰様で、1人でゆっくりと洗い物が出来た。
ハッチの泣き声が気になりながらも。
鼻歌しながら、ジャーーーと水で食器の泡を流す。
なんだか、久々の感覚で心地よい。

f:id:kitagawamika014:20160917091123j:image
その後も1日ハッチ独り立ちトレーニングにみんな協力してくれた。

 

 

f:id:kitagawamika014:20160917023942j:plain

友人のお母様も協力してくれて。

ベビーカーを押してくれたり。

私は久々に両手を広げ電線の無い大空の雲の形や、秋風に揺れる大きな街路樹の音や形。

遠くの夕日のグラデーション。

色んな景色を見ながら歩いた。

 


泣いてもアテンションしないというのも、なかなか大変だった。
どうしても気になってしまったり。

実際、私の胸が詰まる思いで鼓動が速くなったり。

 


でも。
夕飯の時間。
背の高い男の子の腕の中だと比較的安定していて。
私が見えない位置で。
その彼からご飯を頂いていた。
しばらくして。
眠くなってきて。
寝かしつけまでやってくれたが。
最後の要でバトンタッチ。


大泣きする訳でもなく。
小さくヒクヒクと言いながら戻ってきたハッチ。
そしてグッスリ就寝。

 

大成長である。


母子共に。

 

f:id:kitagawamika014:20160916182739j:plain

f:id:kitagawamika014:20160916182831j:plain

f:id:kitagawamika014:20160916235019j:plain

友人の家とはいえ。
知らない人たちが10人くらいいる場所にいきなり行くには実はかなり勇気がいった。
初日なんて、早く帰りたくなって眠れなかったくらいで。


それが。
こんなにオープンな人たちなのに。
変な感じも無く。
色んな人もいるのに。
変な感じもなく。

 

なんだか。
私たち親子にとって凄くよい経験の場になる所にやって来た気がする。

 

f:id:kitagawamika014:20160917004221j:plain

アーモンドの収穫。

ハッチは食べていた。皮ごと。

f:id:kitagawamika014:20160917004127j:plain

アーモンドの殻芋虫。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初は。
集団生活なんてどうしよう。
と本当に本当に思ってたけど。
自主的にやりたい事をやる場所なんて。
どうしようとか。
色んな人の目線やバランス気にし過ぎて疲れちゃいそうとか。

 

f:id:kitagawamika014:20160916063559j:plain

でも。
友人のお陰様で。本当。
20歳の頃。
インド覚えたての私が。
日本のヒッピー祭りにヒッチハイクで行って、なんとなく集団で過ごしていた、あの頃の無邪気さを思い出せてるかも。

 


みんな。各々のキャラがあって。
面白い。
まだ2日目なのに。
こんな気持ちが前向きに変化するなんて、凄い。

 

f:id:kitagawamika014:20160917021350j:plain

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村