読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

20160908夢日記

20160908夢日記

 f:id:kitagawamika014:20160908162716j:image

私は。
横浜の新杉田辺りにいて。
ビデオ屋さんに入り何か探すが探しているのはビデオではない。


そして。
雑巾掛けをしながら横浜港へ行く。


田中泯


という看板を見るが通り過ぎ、再び新杉田辺りに居た。
また。
雑巾掛けをして横浜港の方へ行くが今度は住宅街。
気が付いたらマイクロバスに乗っていて。
友人と友人の子供たちが住宅街で下車。

 

私はそのマイクロバス、乗り合いタクシーの様な車で他のおじさん達と横浜港へ。


横浜港に到着すると。
やはり


田中泯


という看板の前。
タクシーの運転手さんが出てきた。
赤い天然パーマのアニーみたいな人。
歳は二十代後半から三十代だろうか。


彼が言う。

 


やっぱり!田中泯さんの舞台公演やってますね!

 


私は驚き。
そうなんですか!?ラッキー!

 

と。
他のおじさん達は知らないのか興味無さげ。


私は。
運転手さんに500円を支払う。


支払ってから。

 

あれ?乗り合いタクシーの1人頭の価格は?

 

と。
すると運転手さんは。


500円です。


と他の人から500円を徴収した後。
私にお釣りをくれた。


タクシー運転手は。


僕は実は芸大の院生なんですよ。
こう見えても。


と。
私も。


私も院生だった事はありました。

 

と握手をして別れた。

 


私は。


横浜港に面する、田中泯の看板を潜る。


簡単なトンネルになっていて。
その先に横浜港。

 

泯さんの場踊りを待つ人がまばらに居る。


港は、塀などが無いので海に落ちない様に気を付けないとと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村