ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

バックパッカーはいつから意識高くなったのか?

f:id:kitagawamika014:20160906033321j:image

最近。
インスタグラムをオープンアカウントにして。
ハッシュタグ付けにハマっていたところ。
基本、


#バックパッカー
#母子家庭
#singlemother
#親子旅


なんて付けて。
母子家庭のバックパッカー推しでやってるのだけど。

 

やたら高級そうな人たちが、

いいね!

 

して下さる。
若い起業家の方。
世界を旅する起業家の方。
世界を旅する意識の高い方。
世界に携わる高級そうな方。

 

何故!?


こんなドタバタシングルマザー子育て真っ最中の私とは縁かけ離れていそうなのに。

 f:id:kitagawamika014:20160906033348j:image

そして。
#バックパッカー
というハッシュタグで来たのであれば。
随分バックパッカーの人種が変わったなぁと感じる。

 

コンビニのビニール袋でバンコクとか。
リヤカーでアフリカ横断とか。
ママチャリでネパールからヴァナラシとか。


そうゆう。
何というか。
カビ臭いドミトリーに泊まる貧乏旅行者だけがバックパッカーでは無く。
勿論、決して豪遊ではないけれど。
節約しながら変な旅をする人たち。
が。
私のイメージするバックパッカーだった。

 

ヒッチハイクや地元の人の家に泊まったり。
そうゆうのも当たり前で。

 

でも。
やっぱり。
バックパッカーの定義や、人種、イメージが変わったのかな。

 

今は。
行き当たりばったりではなく。
予めインターネットで。
カウチサーフィンで地元の人の家に泊まれるし。
ブラブラカーでカーシェアリング
少額で誰かの車に便乗させてもらえる。

 

子連れになった今。
私にとっては楽で安心な制度がインターネットを介して沢山出来ているけど。
ひと昔前の旅感覚世代の私にとっては。

 

バックパッカーと起業とか。
全然。しっくりこない。

 

それ、バックパッカーじゃなくて、旅好きの起業家なんじゃない?って。
背負ってるのがリュックなだけで。


猿岩石から5、6年後くらいか。
私がバックパッカーというか、世界ひとり旅にハマりだした19歳。

 

2003年〜
あの頃の感覚から見ると。
インスタグラムでバックパッカーと称して旅をしている人たちの写真って。
その写真から醸し出される雰囲気って。
オシャレ雑誌の旅企画みたいな。
そんな感じ。
みんなパスポート無くしたり、VISA切れて不法滞在しちゃったり、そうゆうのしなさそうな感じ。

 

カビ臭いドミトリーとか。
丸2日バス移動とか。
安宿で南京虫とか。
本当は不味いのに日本食ってだけで飛びつくとか。

 

なんか、そうゆう当たり前だった台詞。もう無さそう。
ま。
未だに何処かには居るだろうけど。
そうゆう旅の人。

 

そう。
その起業家みたいなバックパッカーの人が。

 

映画によってセルフイメージを固めると効率よくなりたい自分になれる!

 


と語っていた。

 

 

 

思い起こせば。
私の青春ムービーは。


The ghost world

f:id:kitagawamika014:20160907050505j:plain


邦題のキャッチコピーは。

 

ダメに生きる。

 


ティーンエイジャーの時、見て。
かなり、親近感を持って。
20代はこんな感じで捻くれが増していっていた。


シーモア役のスティーブ=ブシェミが本当に私目線でカッコよくて。
なんだろう。
役も含めて。その役は気持ち悪い感じもあるんだけど。


そんなんだから。こんなんなのか。

 


今の気分は。

 

ラスベガスをやっつけろ
とか。
パイナップルエクスプレス
に。

f:id:kitagawamika014:20160907050533j:plain

f:id:kitagawamika014:20160907050539j:plain


オオカミ子供のアメとユキ
を足した感じかな。

 

f:id:kitagawamika014:20160907050652j:plain

全部、見直したらいいのかな。

 

寂しくなると。
10年以上前のアメリカのドラマ。
FRENDS
を垂れ流し。

 

こちらは、なかなかセルフイメージ成功せず。
なので未だフレンズ垂れ流しはよくやる。

 

 

f:id:kitagawamika014:20160907051011j:plain

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村