読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

夢日記2日分

f:id:kitagawamika014:20160822173043j:image

 

夢日記

oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

大型デパート。
全体的に緩やかな坂道になっている。
オンキョーのコーナーで持ち運べるスピーカーが欲しいと思うが、凄い水しぶきを振りまきながら走ってくるボート。
20人くらいの乗客を乗せて。
私はお店の影に。
この辺りは電子機器のお店なので大丈夫なのかと思う。

 

そして。
さらにデパートの奥へ。
緩やかなスロープを登って行く。
デパートは全体的にクリーム色である。
そして、そこに居る人々は。
なんか、なんか、私とは違う人と思っていて。
私が別の惑星に来たのか、タイムリープして来たのか、そんな感じの別の人たち。

奥へ行くと階段なのだが、あまりにも一段一段が、高く登らない。
登れないのでやはり。スロープ。

今度は美術展。
色々見て。
何故か灯りのない所もあり。
私は気に入った絵の所に自分のベッドライトを置いて行く。

 

その後。
裏の階段。非常階段なのか。
でも、ここも一貫してクリーム色。


その階段を上がり本屋さんへ出る。
レジの裏手から本屋さんへ。
店員さんに。


英語の勉強の本はどこですか?


と聞いて案内してもらうが、店員さんは、ロボットぽい。


そして。
英語の本は無いのだけど、受験の赤本が多くて。
この世界が何なのか。どんな世界なのか。
赤本から垣間見れた。

 


そして、私は和室の個室へ。
座布団を布団にして。くつろごうとしたら、通りすがりの外人の男性。


ここは個室じゃないのかと思う。
気がつくと、おばさんが目の前にいて。
なんか、向き合い座る事に。
そこには息子もいた。


そろそろ帰るなら。
この場合の帰るは、夢が覚めるみたいな意味で。
あの絵画に光を当ててきたベッドライトを回収して来ないとなぁと、思う。
あのベッドライト。
私は現実の世界では1500円くらいで、アマゾンで、購入したけど。


夢の中の本屋さんでは5000円で売ってたから。


気に入ってるし、便利だから。
無くしたくなかった。

 

oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


夢日記

 

私の息子が政府か軍に、拉致されている。

私はそれを、助け出す為に透明人間になり、その、政府か軍の敷地内を、突破。

 

しかし。
その横では。
他にも拘束された一般人が20人くらい繋がらていて。
互いに手を掴み繋がる感じで。
先頭の人が電気みたいのを流されると全員に、伝染するら仕組みで。
人によっては。その電気で身体がパッと消えてしまう人もいて。
ゴア友達の女の子が消えてしまったのを見る。

 

私も息子も拉致対処者なのだが。何故か待遇良く。
透明人間になり息子を、連れてきたものの。
他のその拉致されて繫がれている人たちの事を考えると。
もし、息子を助け出したとしても、この他の人たちが。もっと酷い目にあうだろう。


と思ったら助け出せられなくなった。

 


気が付いたら。
私はティーンエイジャーの男の子とロープウェイにのって山頂へ。
ティーンエイジャーの男の子は山頂で何か拾っている。

 

このティーンエイジャーの男の子に息子の、魂があるから、上手い事、助け出せたんだなと思う。
下山するのかの思うが、その、男の子が何かしてるので見てる私。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村