ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

復活!親バカ。

f:id:kitagawamika014:20160806151813j:image

 

だいぶ回復した。

私の心の不具合。

私にしてはかなり早い。

早期発見、早期回復。

 

 

これって精神的な病にも言えると思う。

ヴィパッサナー瞑想の心得でもある。

意識すること。

私は今、息をしている。

今、歩いている。

みたいな。

それを感情にも当てはめて。

 

 

私は今、哀しい。怒ってる。不安だ。

 

 

 

と自問自答してゆく。

無意識で移ろう心の変化を意識的に分析する。

分析しきれなかったら。

これは産後鬱だ。

みたいに無理やり軽く理由つけちゃってもオッケー。

私は産後鬱だから。

って事に異存しすぎなければ。

 

 

すると。

解決の糸口や。

なんか、人が現れて気分が晴れるとか。

 

 

20代の頃は。

もうパニックで薬飲みまくったり。

全然、身体も動かない気分も鈍りで。

意味がわからなくて治らなかったけど。

 

 

 

心の問題について分析するだけで、だいぶ違う。

 

 

 

 

oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

 

 

来週の出発を前に、痰の絡んだ咳をはじめて、ちょっと喉が痛そうなハッチ。

 

f:id:kitagawamika014:20160806152704j:image

☝︎バス停

 

 

 

こんな些細なことでも不安になる。

バスで40分くらいのマプサという街の小児科まで行こうとしたら。

近所の診療所が開いていた。

 

f:id:kitagawamika014:20160806152721j:image

ハッチのお友達野良犬は今日もお見送り。

f:id:kitagawamika014:20160806152730j:image

f:id:kitagawamika014:20160806152805j:image

看護師さんが覚えていてくれた。

f:id:kitagawamika014:20160806152820j:image

20Rsで謎の紙をもらう。

 

 

インドの医者というか。

ゴアで私が利用するような地元の医院の先生は何故かみんな大学出たてみたいな、女医さんが多い。

マプサの小児科も、眼科も、この診療所も。

 

 

ハッチの体重は10kg。

まず、私の体重を測り、ハッチを抱っこする手法。

そうしたら。

なんと!

体重的には全く太ってなかったのだ。

むしろ日本にいる時より減っていて。

ベスト体重まで残り3キロと着実に体重は戻っていて。

 

 

すっごい太ったと思っていたのに。

お腹のたるみがそう思わせるのかな。

でも。

私の膝やお腹に顔を埋めて、むにゃむにゃしてるハッチを見てたら。

痩せなくてもいいかも。と思ってしまう。

 

f:id:kitagawamika014:20160806152848j:image

そして。

咳シロップと熱シロップを貰う。

 

 

何故か無料。

 

 

掛かった代金は最初の20Rs約30円ほどのみ。

そう言えば。予防接種もその値段だった。

 

 

なんか、国の補償でもあるのか。

とりあえず。

ハッチだけ保険入っていても。

ヨーロッパで医者にかかりたくないので。

 

 

f:id:kitagawamika014:20160806153552j:imagef:id:kitagawamika014:20160806153559j:image

近所の寺院で旅の安全祈願。

f:id:kitagawamika014:20160806153629j:image

 

 

とフラフラ歩いていると。

顔見知りがチラホラ。

お茶をしたり、バイクで送ってもらったり。

何気ない交流がリフレッシュになる。

 

 

 

みんな。

ケミカルなお薬は良くない。

ナチュラルで。

ってアドバイスくれる。

 

 

私は幼い頃から薬が大好きで、なんなら歯医者さんも大好きで。

ケミカルにはまぁ強くできている。

 

 

ハッチの食生活や、医療については細かいこだわりは持っていない。

 

 

とりあえず、咳止めやら熱冷ましの薬を持ってるだけで気持ち的に私が安心出来るので。良いと思っている。

 

 

私は海外にいると殆ど健康なので。

この産後、子育て。

ではやはり自分の身体が変化してることにも気が付く。

免疫力が落ちてるからやはり、結膜炎になりやすかったり。

私も風邪をひいたり。

 

自分の風邪は、ニンニクやターメリック、ハチミツでどうにかするくせに、ハッチには病院のお薬も併用って。

なんだかアベコベなんだけど。

 

 

なんだろうか。

オーガニックやら民間療法やらナチュラル子育てやらに、あまり重点はおいていず。

 

 

何故なら。

海外で出会うヒッピー2世みたいな友人たちが。

親の努力や趣味趣向とは裏腹だったりするから。

 

 

幼い頃から、マクロビオティックシュタイナー教育などに力を入れていたナチュラルお母さんに育てられた友人。

 

 

正直、小さい頃は玄米が嫌だったとか。

隠れて駄菓子やら食べまくってたとか。

そして、現在もカップラーメンやらが好きとか。

でもヨガの先生もしてる。

とか。

 

 

 

全く。

子育てとは先の見えない玉手箱。

私自身がそういったオーガニックライフに興味があればいいけど。

空いた時間にやりたい事は、絵を描いたり図画工作、音楽そして掃除だったり。

 

 

それでも。

外国いたら、なんか知らないけれど食生活はシンプルになってゆくし。

ミートフリーマンデー?だっけか。

なんて設けなくても。ほぼ、ミートフリーエブリデイだし。

週に2回くらいはエネルギーで無償にチキンが食べたくなるけど。

自分では滅多に調理しない。

ヨーロッパ行ったり東南アジア行ったら、もうちょい食べる量が増えたりするけど。

インドでは。

 

 

単純に面倒だから。

血抜きしたりなんやかんや。

ニオイも日本よりなんか強くて。

食べ終わっても部屋中、お肉のニオイになったり換気が大変で。

 

 

 

そうは言っても。

クッキー食べまくってるから。ヘルシーでは無いのだけど。

それでも痩せてきてたということは。

やっぱり、子育てって体力使ってるんだ。

と実感。

 

 

 

自分が思っていたより太ってなかったこと。

同じく憧れのワーキングマザーの踊絵師、神田さおりさんが息子さんと夏のフェスティバル、オゾラに出演してたこと。

ひとつデザインの仕事が終わり。

もうひとつも見通しがついて。

自分の生活芸術に為の絵画の計画なども見えてきたこと。

 

 

相変わらず音楽ミックスは牛歩だけど。

来週には大自然の中で沢山の音楽遊びが出来るので。

 

 

 

色んな小さな事が重なり。

心の復活の兆し。

 

 

数日、ちょっと冷たくしてしまったけど。

またハッチと沢山、遊びたい。

やっぱり大好き。

 

 

本当、不思議。不思議。

 

 

 

我が子でも。

こんな風に悩んだり、辛く当たってしまったり。

自分の心の不安で上手く接さなくなるのだから。

 

 

 

23歳の継母が8歳の連れ子の私と生活する際。

今の時代だったら虐待で通報されるレベルの毎日だったとしても。

仕方ないな。

と。

心で納得出来たかも。

 

 

 

子育てを通して。

自分の親、家族の見えなかった心を遺跡発掘してる気分。

父は亡くなってるし、母は統合失調症で分からないし、継母は喧嘩して音信不通だし。

 

 

私は。

少なからず。

特殊な家庭で育ったことに違和感や悩みがあって。

大人の身勝手さに腹を立て続けていた子供時代だから。

私は大人になろうとはしなかったけど。

 

 

子供の目線から見た大人。

では見えなかった部分が。

見えてきて。

 

 

なんか、トラウマ解消みたいな方向に行ってる気もする。

 

 

 

やっぱり。

ハッチを産んで。育てて。

完璧に良かったんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村