読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

男性苦手偏見を克服したい。

f:id:kitagawamika014:20160621103318j:image


過去に。お付き合いしたことのある男性は3人。
後は。
2番目だから何番目だか分からない女だったり。
いつも本命彼女になれず不甲斐ない10代、20代であった。


その、後半部分は端折り。
お付き合いしたことのある男性は3人。
と叔母に言うと。

 

多いわよ!

 

と呆れられ。ショックを受けた私。
決して多くない人数だと思っていたので。
しかも、1人あたり3年は何とか続いていたので。
真面目に交際出来る人間だと自ていたが、ところ変われば価値観も変わり。
もう、他人の評価、判断なんて気にしてられない。


そして。
何故かいつも、無職で特に志しなどなく。自称、優しさが取り柄な男性を好きになり。
そんな男性の完璧サポーターとなり。
結果。
サポートし切れず逃げるの繰り返し。


その自称、優しさが取り柄な男性に限り。
付き合いが長くなるにつれ。
支配と暴力、我儘で何もしない。
嫉妬心を操るのが上手く時に浮気もあり。
な。
状態になり。
その頃には時既に遅し。
惚れた弱み。
対等な関係を築けず、自分の首を締め続け。
逃げ去る。
のが私。

 

大概。
口の上手い男性。
何か打ち込む事もなく。
稼ぎもしなきゃ、家事もしない。
只々、ダラダラと家で過ごしたり。
永遠とたわいも無い話をしていたり。
いかんせん。
趣味の無い男性ばかり。何故か好きになってしまうので。
彼らを好きになると。
多趣味な私は、自分の趣味の時間を彼らと只々、過ごすことに費やすはめになり。
ストレスが溜まり。
なんなら。
何もしない彼らの不安定な気持ちを言葉巧みに、私の不安定や要領の悪さなど刷り込み思い込みのマインドコントロールされてしまい。
身体が動かなくなり、寝込む始末。


そんなこんな。
30代の未婚の母となり。
スッカリ男性を尊重出来なくなっている自分に気がつく。

 

この世界。
男女という性別で成り立っているのに。
勿論、ゲイやレズビアンも居るが。
元々は男か女。
その半分の男性全般に対し。
希望が持てず。
それは。
警戒心やらから来るものなのだが。


兎に角。
この人間界において。
男性というザックリとした分類で、彼らを尊重出来なくなってしまっている私。
に問題があり。


どうか。
その部分は早いうちに克服したい。

 

申し訳無いのだが。
男性は姑より姑。
悪口や陰口が得意。
言葉で人を操る見栄っ張り。
自分を大きく見せようと必死。
喋ってばかりで何もしない。
自分の手柄に見せかけて人にやらせるのが得意。
女性の能力を遣い、利用し、支配し、あたかも自分だけの力でなり遂げたぷる。

 

諸々。
私の男性への悪いイメージが払拭し切れていないのは確か。
全世界の男性が皆、そういう人格では無い筈なのに。
なかなか拭えない。
男性への悪いイメージ。

 

その男性を尊重出来ない。悪いイメージが拭いきれないと。
結局は私が生きる上で自分を苦しめる事になる。


恐らく。
警戒心もあり。なかなか拭えないのだろう。

 

警戒心が強く保守的なのも男性。
言葉を操るのも上手くズル賢いのも男性。

 

そんな思い込み。
早く消したりたい。
絶対、そんなの男女関係なく。

保守的で警戒心が強くて言葉巧みにずる賢く人をコントロールする人たちはいるのに。


そもそも。
男女関係なく。
そんな意地悪だなぁと。人に感じる事すら無くなりたい。

 

その昔は。
私も鈍感が故の強い精神力であり。
人の意地悪やら、無意識の防御戦やら、嫌味やら、何やら。
全く気が付かず。
ある意味。とても、ノー天気に過ごしてた。


ヴィパサナ瞑想以来か、それともゴアのトランスパーティーのお陰様なのか。

 

もっと、もっと。
色々と見えるようになってから。
変に傷付きやすくなっていた。


まぁ。
そんなこんなを経験し。
今度は。全てを見ながらも感じながらも。
強く。そして柔らかく。
流れながらも、流されず。
自分の道を。
犀の角の様に歩いて行きたい。


旧友たちと束の間の時を過ごし。
再び。
男女関係無く。
共に励まし、成長し合える仲間。
互いに尊重し合える関係性。
そんな人間界で生きたい。


イメージは8歳児。
男女の色恋沙汰も無く。
他人を蹴落とし這い上がろうと不安を抱える者も無く。
只々。
みんな、自分の世界が楽しくて。
仲良く生きる感じ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村