ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

20160611夢日記

20160611

f:id:kitagawamika014:20160612101837j:image
私はドイツのアーティストレジデンシーに居る。
そこでは焼きたてパンが無料で配られている。
こんなに美味しそうな焼きたてパンが無料なんて信じられない!
と思いながら貰う。


そして真夜中。
私たちは旅に出た。
ワゴン車に乗って。
運転は男の子。
後部座席には私と女友達。
暗闇の山道をひた走る。
途中、運転交代しよっか?と尋ねるが、大丈夫だと断られる。


気が付けば夜明け。
車内のメンバーは変わっていて。
運転席には女の子、助手席にも女の子。
私は後部座席。
私の隣に女の子。


朝露が眩しく晴れ渡っているが、物凄く急な上り坂を、くねくねと勢いよく駆け上がる車。
道路は無く、既に誰か走った痕跡のある草道を登る。

途中、横を見ると石造りの壊れかけの鳥居や、お地蔵さんなどもある。

 


てっぺんまで登り気が付いたら私が運転手。
私、
1人の車。
車だけど車椅子くらいのコンパクト加減である。
その、てっぺんは高野山のお土産物屋さんが、せめぎ合う。
観光客もちらほらと。
車を運転するような場所では無いが、私の車は車椅子ほと小回りが利くので大丈夫。


奥に真っ赤な立派な鳥居が見えた。


お土産屋さんでは。

金色の棒のキーホルダーが売られている。

売店のおばちゃんが説明する。

ひとつは、一本の棒。

もう一つは四方に伸びた棒。

どちらもアンテナと言っていた。

 

 

私はこれを買って持ったら電波を受信し過ぎると思った。