ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

インドビザミッション!続々と落とされる猛者たち!

インドビザ申請やり直し2回目!!

f:id:kitagawamika014:20081013024506j:plain


2度目の訪問、インドビザセンター東京。
受け付け時間は13:30までと書いてあるが、実質12:30と言っていた。


多くの猛者たちが脱落し、そして、たった1人のインドビザ申請センター職員女性に怒りや、不服、不満、異議申し立てをしている。
殺伐としたインドビザ申請センター。

 

そう。
並んでいる間は良いのだ。
インドビザ申請用紙をチェックする、たった1人のインドビザ申請センター職員女性にことごとく、訂正箇所を指摘され、脱落してゆく猛者たちを横目に、隣同士、あらあら、私は大丈夫かしら、まぁ。なんて呑気に会話をしている。

が。


いざ。
申請書類の訂正箇所が見つかると、皆。明らかに機嫌を損ねる。
更に。
彼らの不機嫌を煽るシステムとして。
オンライン申請書類のやり直しが出来るようにコンピュータ、コピー機共に併設されているが。
そのコンピュータ使用からプリントまで1回につき1800円も料金が掛かる。
インドさながらの傍若無人な価格。


そして。そう。
1回につき1800円なので。
私の場合、ハッチと私の本籍地の訂正だったのでコンピュータとプリント機を使用して申請書類を作成し直した場合、3800円。


なんともヤクザな価格である。
インド大使館は経営難なのか。
ドイツベルリンでも。
5×5の証明写真機が2ショットで8ユーロもした。


結局。
前回はインド出国の航空券が無いことで。
今回はパスポートの本籍地のことで。
出直し2回目。


パスポートの本籍地はハッチが産まれた時に変更している。
が。
私のパスポートの本籍地登録は以前のまま。
取り敢えず、そのままでも申請出来るらしいが。
その。
インドVISAセンターでパソコンを使い、オンライン申請用紙を作成しなおすと。
私の場合。
私とハッチの分。
2人分の3800円プラス税が掛かるとのこと。
1人分の料金なら、まぁ、もう面倒なので申請センターでやり直す覚悟だったのだが。
2人分の料金となると、、、


泣く泣く出直すことに決定。

 

パスポートの本籍地は、取り敢えずそのままで。
有効期限も2年を切っているし。
なにより、ついないだ、そんな事もつゆ知らず増刷したばかり。
本籍地を変えるには6千円も掛かり新しいパスポートになってしまう。
そして、そうなると、パスポートの番号も変わり、航空券の変更やらもう、それは、、、
気の遠くなりそうなややこしさ。

 

なんか。
今年は。
ハッチの戸籍取得からパスポートそして出国VISA取得inインド。
日本帰国してからの、私のパスポート問題や住民票、そしてUFJの銀行手続き。
最後のミッション。
親子でインドVISA取得!

 

こうゆう感じの生活の雑用ばかりこなしている。気がする。

 

流石に。
居候友人宅に戻り。
そんなつもりはなかったが、精神的にぐったりしたのか。
ご機嫌に腹這いで動き回るハッチを横目に、ダウン。
寝た。
電池切れ。
動けない。
ハッチは構ってと泣くが、もう寝かしつけて共に昼寝するしかなく。


なんとか。
小一時間、昼寝が出来た。

 

出来れば。まだまだ寝ていたかったが。
ハッチに起こされる。

 

f:id:kitagawamika014:20081004111105j:plain


インドビザ申請センターでの。
インドビザ申請者、猛者たちの様々な不平不満とイライラ、そして私自身の2度目の脱落は思いの外に身体的ダメージが大きかった。

 

あの。
インドビザ申請センターのたった1人の対応職員。
あの職業だけはなりたくない。かも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村