ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

やりたい事をやりたいようにやる

 
f:id:kitagawamika014:20160602224739j:image
 
のは。
難しかったりする。 
本当は簡単な事なのに。
 
それは。
生活がある。
結婚しなきゃ。
家庭を持たなきゃ。
なら就職しなきゃ。
 
 
とか。
日本の固定観念に囚われてしまうから。
日本に限らずだけど。
特に。日本人として生まれ育つと。
日本の固定観念にがんじがらめにされる。
 
 
解き放て!
 
 
という意思の元。
動いていても。固定観念は付きまとう。
人の目線も世間体も付きまとう。
 
 
やりたい事をやれる環境になっても。
思うように身体が動かない。
自由な感覚のままに身体を動かすという。
子供の頃なら割りかし出来ていたアレ。
が。大人になって出来なくなってる事にすら気がつかなかったり。
 
 
 
だから。
自由に表現する。
というのも実は簡単そうで難しかったり。
でも。何か一線をパンと超えたらその難しかったことも忘れて息をするような事だったり。
 
 
 
 
私の場合。
私の心身を自由にさせてくれるのは外国でありインドでありインド人である。
 
 
 
彼らは。
日本人常識を覆す自由な言動や行動をする。
それが。日本人常識や世間体にカチコチに固まった私にとっては良い刺激となるのだ。
 
 
 
 
が。
去年、結婚間違えをしたあたりから。
インド人も実は人目を物凄く気にしている。
ということに気が付いた。
私以上に世間体を気にしている場合もある。
勿論。
人それぞれの性格により異なるので。
単純に。
インド人、日本人と分けるのは乱暴な話なのだが。
 
 
 
この2年半の大冒険のお陰様で。
〇〇だから〜というジャンル分け固定観念の無意味さに気が付かされた。
 
 
 
分類をするのは楽しいし、整理整頓。
物事を分かりやすくする。
 
 
が。
時にメクラにさせるから。
 
 
だけど、やっぱり。
世界はドラえもんくらいの配分な気もする。
のび太ジャイアンスネ夫、しずかちゃん、、、キャラである程度分けられるというか。
ジャイアンブタゴリラとか、すねととんがりくらいの差異しかないんじゃなかろうかとか。
 
 
時にやっぱり感じる。未だに。
映画の中で生きている感覚。
 
 
クレイジーワールド。漫画の世界で。
と歌っていたのは。ゆら帝だった。
 
 
 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村