ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

生後6か月インドビザ取得に向けて!壱

 

f:id:kitagawamika014:20160421161544j:plain

 
甘く見ていた。
インドビザ取得のややこしさ。
 
なので。
いきなりインド帰国日を2週間先延ばす事に。
私たちのエアーインディア航空券は5千円で90日以内なら変更可能であった。
 
 
私の息子、ハッチは2015/11/28産まれ。
インドの北部で産まれた。
日本国籍、日本パスポートの日本人。
だけど。
DNAは私、日本人と。
ハッチの父親、インド国籍のマニプール出身の者のミックス。
 
そして。母子家庭である。
 
 
この時点で。やや複雑。
 
 
 
更に。
私はインド観光ビザで滞在中にハッチを出産。
ハッチのパスポートはインド、バンガロールの日本領事館で作成。
ハッチのパスポートにはインド出国VISAなるものがある。
 
 
観光ビザでも、滞在ビザでもない。
当時、産まれたてのハッチと2人暮らしをしていたゴアにて。
管轄内のパンジムにあるFRRO外国人登録事務局から発行された出国VISA。
 
 
青いスタンプがボンっと押されて日付けなど手書きで記載してある。
 
 
インド観光ビザオンラインアプリケーションには。
前回のインドVISA情報を入力する箇所がある。
インドVISAセンターの方に問い合わせると。
インド大使館いはく。
ハッチのVISAは。
EXIT VISA。
 
 
そう出国VISAなのだけど。
出国VISAという選択肢も。
Otherという選択肢も無かったので。
更に問い合わせは続いている。
 
 

f:id:kitagawamika014:20150905142717j:plain

私たちは京都滞在。
しかし。
私たちの住民票は関東地区。
インドVISAの申請は東京のセンターでしか受け付けてもらえないので。
郵送で手続きしようと思ったが。
なんと。
郵送だと。
土日祝日抜かした営業日15日間も、かかる。
 
 
今から申請しても。
6/15の成田発ゴアまでのフライトはギリギリ過ぎる。
 
 
 
という。
ここ数日のすったもんだで。
私は憔悴しきっている。
 
 
日本のインドVISA申請センターの方は親切だ。
メールでも電話でも問い合わせに対応してくれているが。
いかんせん。
回線が少ないのか。
電話が繋がらない。
 
 
さながら。
その昔、好きな歌手のライブのチケットを取るために、何度も何度も公衆電話からチケットぴあに電話した。
あの頃の気分。
 
 
1日電話して、なんとか1度繋がり。
忙しいそうなインドVISA申請センターの方と慌てながら端的に質問をし、返答をもらう作業。
 
 
ぐったり。
 
 
まだまだ。息子のインド観光VISA取得までのミッションは続く。
 
 
6月上旬。
再び東京へ戻り。
更に滞在期間も延長し。
直接、インドVISAセンターまで。
私と息子のインド観光ビザを申請しに、行く方法にした。
 
 
 
嗚呼、ややこしい。
 
 
やはり。
オーストラリアのインド大使館へ行き。
親子共々、5年間のインドVISAゲットも視野に入れるか。
 
 
噂によると。
5年間のインドVISAを取得すると。
面倒な申請手続きは無くなり。
6か月に1度、インドから出国し、諸外国へ行くだけで大丈夫になるらしい。
 
 
 
何かとVISA申請の手続き方法など変更の多いインド観光ビザ。
 
 
息子がインドで認可されている学校なり保育園、幼稚園に入るまではVISA問題が続く。
 
 
因みに。
息子の父親とは妊娠5か月頃から会っていない。
ハッチが産まれてから連絡も途絶えた。
 
 
日本の戸籍上はハッチは非摘出児。
 
 
しかし。
インドVISA申請書類には父親の名前を書かなくてはいけない。
そして。
職業欄は。
ハッチは赤ちゃんなので。
Other を選択し。
Being minor 
でオッケーなのだが、
 
 
何故か。
職場の住所など情報を記載しなくてはいけなくて。
それは父親の職場情報で良いらしいが。
いかんせん。
無職な父親だったので。
私の(以前の)職場情報を入力している。
 
 
色々と。
本当にややこしい。
 

f:id:kitagawamika014:20081013025322j:plain

まだまだミッションは続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村