ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

Enter the void

 

 

f:id:kitagawamika014:20160517091127j:image
 
絶対、キーちゃん好きだよってオススメされて早2年。
ようやく日本帰国で見た映画。
エンターザボイド。
キャッチコピーは。
 
 
 
だったけど。
一度もマジックマッシュルーム出てこなかったね。
って。笑
むしろDMTメインで。
なんなら。チベット死者の書からの。
輪廻転生。
 
 
オープニングはポケモン現象チカチカ。
冒頭のDMT再現のCGの立体感はDMT表現抜群ではあるけれど。
 
 
でも。
ドラッグとセックスを絡めてくる手法にはもう懲り懲り。
でも。まぁ。
DMT、輪廻転生ってのは良い流れなんだけど。
ドラッグディーラーとかストリッパーとか。
なんか。分かりやすくアンダーグラウンドな表現が。なぁ。。。と。
 
 
 
くらい。イェイイェイイェイなご機嫌系かと思いきや。
シリアスめ。
 
 
 
もっと。ノーテンキにドラッグや輪廻転生を表現したのを見てみたい。
 
f:id:kitagawamika014:20160517091141j:image
oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.
 
輪廻転生とかツインソウルだか、ソウルメイトだか。
なんか、そうゆうの。
実は。
ハッチの父親と話す前はそんな妄想世界を信じて疑わなかった。
踊る君を見て恋が始まった状態で。
一度も会話したことない彼を探し世界を闊歩。
 
あまりに話したいという思いが募り過ぎて。
彼を想い。
齢31。彼が出てくる少女漫画まで描く始末。
過去世からの生き別れの兄妹だ!
っていう。謎の思い込みで。
妄想、盲目の恋をして。
産まれたハッチ。
f:id:kitagawamika014:20160517093140j:image
 
 
結局。
話した事もない相手なもんだから。
思いっきり。彼の性格やら何やら勘違いの思い込みをしていて。
現実と思い込みが異なり過ぎて。
死に物狂いで逃げることになり。
いきなり母子家庭。
 
 
 
こうなると。
次の思い込みにシフトされ。
本当は過去世からの生き別れの兄妹。
ソウルメイト、ツインソウル。
生まれ変わっても一緒だよ。
の相手はハッチだったのではなかろうか?
と。
またまた都合よく設定変えてる。
今。
 
 
よっぽどハッチが私と2人きりになりたかったから。
この状況になれる、あの父親を選んだのでは?と。
いや。
むしろ。潜在意識下の私がハッチの魂と2人きりになりたくて選んだのか。
 
 
 
いやはや。
何かと少女漫画で好きになったが異母兄弟だった!
けど、やっぱり実は違った!
設定が好きな私。
f:id:kitagawamika014:20160517091242j:image
 
 
とか。
 
吉住渉先生のママレードボーイ。
 
とか。
 
 
何度となく読み。泣いたか。
だからなのか。
初めてゴアでフルトリップした4か月。
自分は実は月から来たことを疑わなかったのと同時に。
生き別れたツインソウルの兄妹の魂というSF物語の中にもいたこと。
 
 
何故かといえば。
ゴアのパーティー中も、その後のダラムサラーでも。
通りすがりの人に。
 
 
《君は月から来たんだろ?忘れてしまったのかい?》
 
 
なんて不思議な台詞をよく言われていたから。
いつも驚かされ。
それ以上の追求が出来なかった。
そして。深く追求せず。
その不思議な通りすがりの人々の台詞を信じることで。
私の世界の美しさは増していたから。
 
 
 
まぁ。当時。
月ばかり眺めていたからなのかもしれないが。
妊娠、出産など様々な事件が重なり鬱々になり。それを乗り越えた今でも。
そんな素敵な私だけの人生SF物語は。
やっぱりどこか信じていたりする。
 
 
 
それはもう。
セーラームーンハンターハンターなど漫画の世界そのもので生きていた。
 
 
 
 
 
トランスパーティーでトランスしまくっていると。
自然と見えない世界のことを信じ始めるのかもしれない。
それは。実際体感するからなのか。
その。
神通力やテレパシーみたいな。不思議なシンクロ現象や。
 
 
 
私は。
それらにより。
無限の愛の存在を学び。
また。
欲望と裏切りなどのオドロオドロシイ感情も学び。
 
 
不安や恐怖を抱え。
自己防衛の為に苦しみながら生きる者の気持ちも。
それを乗り越え。
やはり。
生きとし生きるものへの慈愛の心を持つ者たちからの学びと良いバイブレーションに救われたり。
 
 
 
やっぱり。
トランスパーティーは人生の縮図であり六道輪廻。
 
 
 
かつては。
世界中の人々がDJになれば世界平和は簡単に訪れるとも本気で信じていたり。
 
 
恐怖や不安を拭えず生きている者たちは。トランス世界にも他の世界にも一般世界にも多い。
だから戦争や争いごとは止まらないのだ。
自分自身が恐怖や不安を抱えていることにすら気が付いていない場合がある。
 
 
 
誰かをコントロールする事により。
己の恐怖や不安を拭おうと無意識に生きている者も多い。
自分のパートナーをその様に扱う者も多い。
 
 
私は。
それらに気が付いた時。
嫌気がさしたり、腹立たしく思ったこともあった。
弱虫の癖に威張りやがって!!
みたいな気持ちで。
 
 
しかし。
まぁ。
今となっては。
まだ深く関わることは苦手だが。
遠くから、そっと見守る。
くらいの気持ちの余裕は生まれてきている。
 
 
 
この2年半の大冒険。
世界中に悪い人なんていない、みんな、友達モードから。
全てが敵モードどまで。
目まぐるしく味わった。
 
 
 
人生山あり谷あり。
私は旅をしながら、精神世界も人生も。
全てにおいて旅をしている。
 
 
 
 
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村