ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

インドで1人出産。そして手続き。

 

f:id:kitagawamika014:20160115175403j:plain

 

さて。

私はインド国籍マニプール出身の方との間に子供をもうけ。

妊娠5か月からは1人で過ごしていた。

赤子の父親との関係は残念なことに全くもって良好では無い。

ハッチ生後5か月の現在進行形。

 

 

 

というか。

ハッチが産まれてからは連絡さえ取り合っていないのだ。

 

 

 

それはさて置き。

 

 

 

ハッチはインド北部ビハール州で産まれた。

その1か月後には直ぐにインド、ゴア州へ引っ越し。というか。

移動。

相変わらず。移動式生活。最近風オシャレに言えばノマド生活。

なのだけど。

 

 

 

さて。そこで戸籍取得問題。

色々と手間が掛かった。

私は結婚しているのかどうかもよく分からない状態。

取り敢えず。

日本的には未婚状態である。

 

 

なので。

インドでは観光VISAでの滞在。

ハッチも勿論のこと。

日本国籍の日本パスポート取得である。

この先。

私と共に暮らしてゆくのであれば。

日本国籍パスポートの方が俄然、有利だし、何より楽である。

 

 

手順としては。

インド、北部のビハール州から出生証明書をもらう。

それを頑張って翻訳。

 

 

病院の住所が、記載されている病院発行の出生証明書。

 

 

日本の親戚から送ってもらった私の戸籍謄本。?

 

 

そして出生届け。

 

 

 

確か書類はそんな感じだったと思う。

それらを、日本の親戚に頼み、役所に提出してもらう。

そして。ハッチが私の戸籍に記載されるのだ。

 

 

私に、帰る日本の家は無いが。

協力してくれる叔母がいたのが有り難い。

私は全ての書類を産後、座るのも大変、頭も回らない中、書き、揃えた。

 

 

しかし。

年末。

色々と郵送機関も休みに入ると危惧し。

国際郵便ではなく。

民間企業のDHLを選択してしまった。

日本円で5千円近い金額ではあったが。

保険もあるとのことで。

 

 

 

がしかし。

それが、大失敗!

DHLの本社はコルカタ

私がお世話になっていたインド北部のビハール州からコルカタDHL本社までは他の民間企業に委託されていたらしく。

年が明けて2週間経過しても日本に郵送物が届かないので。

流石に慌て、追跡したところ。

民間企業、DHL社に、届く前のところで、止まっていた。

 

 

なんとまぁ。

怠慢な。

インド人秘書の方に民間企業に文句を言ってもらったが。

謝る気配もなく。

タラタラと。

何度も何度も。

送ってくれと圧力を、かけて。

ようやく。

DHLコルカタへ郵送。

 

 

何故。お金を払っているこちらが、お願いして、お願いしてようやく送って貰わなくてはならないのか。

意味不明である。

 

 

試されている。

 

本当に。

インドでは驚くようなハプニングが多い。

 

 

 

そしてようやく日本に届いた書類一式。

日本にいる叔母に出生届を役所に、提出してもらい。

2月上旬。

ようやくハッチの戸籍が出来上がり、インド、ゴアの私の、元に届いた。

 

 

f:id:kitagawamika014:20160302143721j:plain

 

 

まだまだミッションは続く。

私のインド観光VISAが切れる4月上旬までにハッチの日本パスポートとインド出国VISAの取得である。

 

 

2月中旬。

インド、バンガロールの日本領事館の方とメールで、連絡を取り合い。

パスポート新規申請書類は郵送にて。

その後。1週間ほど後に、ハッチと飛行機、日帰りバンガロール

 

 

日本領事館にてハッチのパスポート取得である。

 

 

 

日本のお役所や領事館の仕事は安心だ。

仕上がり目安日数など知らせてくれて、安心出来る。

仕事は、スムーズ。

 

 

 

さて。

最後の難関。

インド出国VISA。

 

 

 

まず。

Panaji パンジムにある外国人登録署へ。

通称FRRO。

 

 

インターネットにて書類を登録。

しかし、書類が足りず出直し。

 

 

次にマプサの警察署にて。

必要書類を提出。

その際に、初めての袖の下を、求められた。

 

 

 

よく分からないフリをして。

払わなかった賄賂。

たった1000Rs。

日本円で1600円程。

しかし、その後。書類が、出来るまで不安で不安で、仕方なかった。

 

 

自分の正義を貫いた為に不安が押し寄せる。

 

 

やはりインドでは色々と試されるのだ。

 

 

 

しかし。

同じくインドで、子育てをしている日本食料理店奥さまなどに。

 

 

『大丈夫!どうにかなるから!インドだから!』

 

 

 

と励ましのお言葉を頂き、落ち着いた。

そう。

本当に。めちゃくちゃなインドルール。

だからこそ。どうにかなるのだ。

 

 

 

 

結局。

ギリギリのギリギリ。

私とハッチのフライト前日。

ハッチの出国VISAを取得。

500Rsほどである。

 

 

最後の最後まで。

インドに精神力を試された。

それでもやはり。

 

 

 

なんとか

なった。

 

 

 

 

この3カ月を通して。

1人子育てとゴアのパーティー。

そしてインドでの手続き。

またひとつ。

強くなれた気がする。

 

f:id:kitagawamika014:20160213105605j:plain

f:id:kitagawamika014:20160211201900j:plain

 

 

無事。

私は2年半ぶりの。

ハッチは初めての。

日本凱旋帰国へ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村