ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

初めての新幹線で京都へ移動。

f:id:kitagawamika014:20160512233539j:imagef:id:kitagawamika014:20160512233535j:image

f:id:kitagawamika014:20160512233515j:image
 
 
インド、チベット繋がりの友人カップル。改めて新婚夫妻の元へ。
ハッチと私は新幹線で京都へ。
 
 
お世話になった新宿のお宅を後にし。
バックパックにハッチ前抱き抱っこ。
大きなスーツケース。
という相変わらず大荷物。
 
 
メトロを、乗り継ぎ東京駅へ。
そして。
自由席で新幹線。
 
 
新幹線では2回もウンチをしたハッチ。
新幹線のドアは自動ドアだし、トイレにもおむつ替え台があるので余裕。
 
 
日本の公衆トイレでおむつ替え台をよく、利用するが。
あの、安全ベルト。
実は一度も使用した事がないのだ。
何故なら。
ベルトをしたら、オムツが替えられない!
 
という。
うーむ。
 
f:id:kitagawamika014:20160512233532j:image
 
 
ハッチも生後5カ月。
よく動くので、抱っこ紐に収まらない。
久々に音楽でも聴きながら移動を、楽しもうと思ったものの。
有線のイヤフォンはハッチが何度も掴み難しく。
これは、無線イヤフォンを購入しなければ。
 
と思った。
 
 
 
京都駅に到着し。
新幹線から直通、奈良線乗り換えは良いものの。
階段。
 
 
えっちら、おっちら。
バックパックとハッチを背負い階段をスーツケース引きずり上がる。
 
 
1人、2人と通り過ぎてゆく中。
ようやく3人目。
 
 
 
持ちますよ。
 
 
 
と。
勇敢で親切な若者男性登場。
 
 
 
 
かなり、重いですよ。
 
 
 
 
と、私。
 
 
 
 
 
いいですよ。僕が持って上がります。
赤ちゃんと一緒に転げ落ちたら大変だ。
 
 
 
 
と。
なんとまぁ。
日本に来て初めての階段上り手伝い男子。
感激。
 
 
 
 
そう。ヨーロッパ、ベルリンや、アムステルダムでは。
妊娠中。よく、何も言わず。さっと。荷物を持って階段を手伝ってくれる人。
電車の乗り降りを手伝ってくれるのは当たり前。
 
 
そんな感じであった。
 
 
 
日本では。
色んな噂かあるからか。
親切にする方も勇気がいるらしい。
なんだか世知辛な。
 
 
日本人は基本的に優しい人たちが、多いと思う。
しかし。
謙虚過ぎるのもたまに傷。
 
 
きっと。一人一人の意識改革。
良いことも。悪いことも。
良くも悪くも周囲に影響を、受けやすい民族であると思うので。
恐れず。
積極的に困った人たちに手を差し伸べたら良いと思う。
そうすれば。
草の根レベルでも、ぶわっと意識が伝染して。
きっと。
いつの間にか。
妊婦にも子連れにも。老人にも病人にも。
困った人たち。そして。困ってない人たちにも。
 
 
みんなに、みんな。積極的に優しい日本が出来上がると思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村