ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

展示会が始まった 2015-11-09:INDIA 2015

 

f:id:kitagawamika014:20151106183118j:plain

f:id:kitagawamika014:20151106182347j:plain

 
無事に展示会オープニングパーティーが終わり。
出産の為に北インドのパトナーへ移動。
 
 
人間は。
結局、同じ会話の繰り返し。
世界はキャバクラ、ホストクラブ。
どこへ行っても、誰と会っても。
テンプレート会話に聞こえてしまうのは。全くもって失礼な私の感覚なのだが。
仕方ない。
 
 
いつかどこかで聞いた台詞がいつも繰り返されている。
固有名詞、具体例が変わるだけ。
 
 
そう思うと。
人はコピペしながら生きているのかもしれない。
 
 
話す事で繋がりを感じ、安心感を得て、交流してゆく。
コピペ会話の中でしか心は通じ合えないのだろうか。
 
 
共有を強要することで仲間意識が生まれ安心感を得ようとする。
自分の価値観意外の人間に対しては否定的で排他的。
 
 
その共有部分がまた。
人間はシンプルではないのだ。
単純に。
幸せ!楽しい!
という感情の共有だけでは満足出来ないらしい。
 
同じ物を食べて幸せ!
同じ事をして楽しい!
 
じゃないとダメらしい。
 
 
私はそれらの行動の共有強制感に耐えられない。
 
 
隠しても隠しきれない人間、動物の本能。
 
 
そうなると。
やはり。
人間として生きていくのは少し億劫だ。
 
 
 
メロディーの無い人間の会話mix。
よりも。
私は音楽のmixを聴いていたい。
多くの人が。
ハイテックトランスやダークトランスミュージックに対して。
メロディーが無いじゃないかと言う。
 
 
私からしたら。
人間のコピペ、テンプレート会話のメロディーの無さの方が不快であり。退屈である。
何故。
ハイテック、ダークトランスの中の旋律を感じられないのか。
それらを強要しても仕方ない。
 
 
それは。
お酒ノリの人がドラッグノリの人を軽蔑し、排他的目線で見るのと同じこと。
私からすれば。
お酒も最も強力なドラッグ。
あんなに自我を保てず、どんちゃん騒ぎするのだから。
そして、嘔吐やお漏らしもしたりする。
性的に淫らにもなる。
多くの人がお酒での失敗談やらを体験したり、見てきていると思うのだが。
 
 
ドラッグでクレイジーになると思い込んでいる人たちは大間違えだ。
全ては己の無意識マインドからやってくるもの。
精神力からやってくるもの。
そして、相性。
 
 
私は。
アルコールは気持ち悪くなりやすいので沢山飲めなくなった。
勿論。
妊娠中は全くもって飲めない。
ドラッグはとても私に合っていて。
嘔吐もなければ、そこら辺でお漏らししたり、倒れ込んだり、大声で人と話したり、人に迷惑を掛けたり、性的に淫らになる事も全くもって無い。
 
 
素晴らしく美しい感覚の世界、映画よりも映画で感動する世界、エンターテイメント、娯楽を見せてくれるのがドラッグ。
 
 
お酒でもドラッグでも。
きっと。
クレイジーになってしまう人は同じなんだと思う。
そもそも。
お酒とドラッグを別物と認識している世の中が何かに麻痺していて危険である。
 
 
しかし。
お酒でリラックスする事はあっても感動することは無い。
私の場合。
この世が美しいすぎて。
生きてしいけるもの全てに。
理由なく素直に感謝と感動を感じさせてくれる。
それが私にとってのドラッグである。
全てのものに。
愛を感じられるのだ。
そして、生きてて良かったとなる。
 
 
バットトリップは無い。
私にとって。
バットトリップはこの1年間。日常生活が。
産まれてから、揉まれてきた日常生活が。
最も強力で長いバットトリップ。
 
そして。
お腹の子供の父親と共有した時も初めてのバットトリップを経験。
 
 
日常生活のシラフで続くバットトリップからようやく抜け出す兆しはある。
 
 
それらの痛みに比べたら、出産の痛みは何も恐くない。
その後に物凄い小さい可愛い人間が出てくるという保証付なのだ。
 
 
私にとっての恐怖は。人間。
なのに。
その恐怖の根源を生み出している人間をこれから産むのだから不思議な話である。

f:id:kitagawamika014:20151106181338j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村