読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

日々感謝して生きる幸せ感覚 2015-11-05 :INDIA 2015

f:id:kitagawamika014:20160512085121j:plain

 
 
今日も一緒に過ごしてくれて。
どうもありがとう。
 
 
という、赤子への気持ちが。
冷蔵庫に身体を突っ込んで涼んでいる時に自然と湧いてきた。
 
 
最近。
久々に。
ふとした瞬間、何かしらへの感謝の気持ちが出てくるように戻ってきた。
 
勿論。
楽なことばかりではないインド妊婦ひとり生活。
 
 
出産はゴアではなく。友人カップルのサポートの元、パトナーでする予定。
しかし、友人カップル共々、1月頭には我が子も連れてゴアに戻る。
 
その為に快適な家探しをしていたのだが。
これから年末に向けて、シーズンに向けて観光客が押し寄せるゴア。
なかなか、よい物件を予約しておくことが困難。
貸主は少しでも長期でこのシーズン時期に稼ぎたいのだ。
 
 
お気に入りの白いお家が口約束で予約でき。予約金を払いに行こうとした今朝。
タッチの差でライバル登場。
私より長期の6カ月。更に2つ分の部屋を借りたいという人が私が予約金を支払うより数分前に現れた。
 
そして、悩み始めたオーナー。
返信を一晩待ってくれとのこと。
 
 
流石に私もオーナーの目の前で倒れこんだ。
 
朝の数時間、いや数分早く予約金を、支払いに行けていたら、なんなら昨日のうちに。
しかし、昨日まで私はスクーターを、片道1時間も走らせ、明日から始まる個展に向けて働いていたのだ。
朝から晩まで。
帰宅時にはお腹も張り、とてもじゃないけれど1人では他の用事まで手が回らず。
 
 
イレギュラーな事態が、起こり続けるインドなので、否が応でも精神的に強く安定感を、保つ修行が続く。
 
独り身であれば。行き当たりバッタリの生活をハプニングさえも全て受け入れ楽しめる余裕があったが。
流石に赤子と共に生活となると、
不安が押し寄せる。
 
しかし。
やはり。なるようなる。
 
 
来年から赤子と生活する快適なお家はまだ未定となり。
不安も押し寄せたが。
不安は妄想でしかないと強く言い聞かせる。
 
 
すると。
どんな環境、どんな場所、どんな時でも。この赤子と共に楽しく生きていたいな。
と思った。
どうやって愛情を注ぐとかなんとか。
言葉でも、わからないし。
今から想像しても、よく分からない。
 
 
けれど。
いつも楽しんでいたいな。
ということは想像できる。
1人で子育てはした事が無いので、どれだけ大変だとかも分からない。
悩んだり落ち込んだりもするかもしれないけど。
 
私は自分の子供と楽しんで生活していたい。
文句や愚痴、嘆きなく。
 
 
インドのイレギュラーハプニングは。
時に大切な気持ちを教えてくれる。
こんな風にハプニングに対して自然と思えたのも久しぶり。
 
 
インドとお腹の赤子が、また。前向きな感情を教えてくれた。
そして、
その事に対しての感謝。
 
 
日々、感謝が湧き上がり生きていけることは幸せなのだと思う。
 
 
何かに心から感謝するという素晴らしい感情を始め教えてくれたのはトランスパーティーである。
それを忘れかけた今年一年。
 
 
再び。思い出せた。
 
 
そうしたら。
念願のお気に入りの白いお家も予約出来て。
 
 
なんというか。
感無量。

f:id:kitagawamika014:20160512085200j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村