読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

Psy Fi festival 雨降って地固まる 2015-09-02 :Amsterdam 2015

 

f:id:kitagawamika014:20160511141633j:plain


#amsterdam #psy-Fi 
雨降って地固まるフェスティバル☪☪☪
 
 
1200マイクロのChicagoさんにお腹触ってもらってお水のお礼も言えて。
妊娠6ヶ月。
縁担ぎ完璧。
 
 
そう。
この年の2月。
ゴアのシュアバーのパーティーにて。
ゴアトランスパーティー初期メンバーが集うような素敵な雰囲気のパーティー。
まるで70年代、ゴアにタイムトリップした気分で。
かなりご機嫌にトリップしていた私に水を差し出してくれたシカゴさん。
 
 
 
音と自然と人々の調和に有難う。初心貫徹。あの頃の気持ちが戻ってきた。
 
❁☮❁☮❁
Thanks for the music & festival & nature people. I can living this world again ❁☮❁☮❁
 
 
都会派フェスティバルだったが。
ゴアからのトランスパーティー友人女子チームとも合流。
とても心強かった。
 

f:id:kitagawamika014:20160511144818j:plain

思いの外、寒く、突然の雨も多いオランダ。
そんな中。
ウォータープルーフではないセール品テントで乗り切った。


勿論。
妊娠6ヶ月。
現役時代の様に、朝も昼も関係なく、思いっきりフロアで音楽を聴き踊れる体力ではない。
私のテントは大好きなハイテック、ダークトランスフロアの真裏。
眠りにつきながら、音を浴びた。



そして。
ゴアからの友人カップルたちのキャンピングに参加。
様々な人間模様を肌で感じながら、絵を描いたり、たまにフロアへ行ったり、映画を観に行ったりと、自由に過ごす。


最終日の日の入り前はスコール。
ひとつのテントに13人入って雨宿り。


雨が上がると。
私のトランスパーティー、初心忘るべからず。
みたいなシュチュエーションが舞い戻ってきた。


音や人、空間、空気。


偶然、隣りにChicagoさんが居て。
友人に勧められお腹を触って貰って縁担ぎ。
そして。
2月のゴア。sureBARのパーティーで初期のゴアにタイムトリップをした時に頂いたお水のお礼も言えた。


勿論。
パーティー中。ダンスフロアは忙しいので、直ぐに自分の世界に戻ったが。
そう。
自分の世界に戻れて良かった。
あんなにも。
お先真っ暗。
起き上がる事も、
息をする事も、
億劫になっていた、この半年。
何が楽しかったのかすら思い出せず。
完璧、鬱々期間であったが。
結局。
やっぱり。
人生、鬱々とハイテンションを繰り返しながら。
そして、その繰り返しの学びの中で。
流れ生きていくのだなと感じた。
鬱々期間があるからこそ。
予測出来ない程のハイテンションミラクルワンダー期間も訪れる。


私は。
ゴアトランスのパイオニアアーティスト達に、見守られ生きている。
そんな妄想が私を強くさせる。


雨降って地固まる。
そんなPsy Fi festival 。


そして。
初めて。気軽に。
色んな人たちに妊娠を喜んで祝福の言葉を頂いた。
勿論。
彼らは私の人生の詳細なんて何も知らない通りすがりのパーティーピーポー。
でも。
そんな裏表の無い言葉が私にとっては元気玉
どうにもこうにも。
妊娠中という自覚が足り無い気がする自分自身。
おしゃぶりや、子供服を購入してみたりと、色々と自覚を持とうとしているのだが。


だからこそ。
お腹に触れて赤子に話し掛けてくれる通りすがりの友人たちの行為はとても嬉しかった。
普通の妊娠ぽい自分が客観視出来る。


妊娠初期から、何も変わらずバックパッカー的な旅と移動を続けている私。
ゴアからバンガロールの夜行バス。
バンガロールからマニプールまで3日以上電車とバスを乗り継ぎ。
マニプールからネパールまで。
そして妊娠3ヶ月と発覚。
ネパールからマニプールまで3日掛けてバスでの移動は少しお腹がチクチクした。
そこから。
結婚間違えと自分の人生取り戻しの為にマニプールからデリー乗り継ぎのゴアまで飛行機。
これは普通に楽だった。


ゴアでギャラリーワークをこなし。
そして。
妊娠5ヶ月。
ゴアからムンバイへ夜行バス。
ムンバイから飛行機でアムステルダム
飛行機はやはり楽である。


赤子は親を選んで来る。



という話を信じたい。
わざわざ、こんな私の生活を選んで飛び込んできた人間。
気の合う旅仲間として共に生活して行きたいという希望。


そして。
1人キャンピング1週間。
からの。
アムステルダムから激安29Euro夜行バスで、いざベルリンへ。
激安だが。
トイレもあり、運転手も交換していた。


フェスティバルで久々に身体を動かし、お腹も筋肉痛。
初の妊娠なので、この筋肉痛みたいなお腹のハリも少し心配だったりするが、いかんせん、自分の身体。
大丈夫だと思う。
私は。
ほとんど、妊娠の過ごし方情報を勉強していない。
自分の感覚で自分の身体を感じ。
無理をしないようにしているだけ。
情報は結局、情報でしかなく。
そこに影響されて生まれる感情よりも。
自然と身体のリズムに耳をすませ、体調管理。


私が1番気を遣っているのは精神的ストレス。
赤子は心身共に、確実にピュアな筈。
そんな人間と臍の緒、体内で繋がっているという事。
病は気からを信じているので。


妊娠初期。
結婚間違えやらで喧嘩が絶えず。
鬱々期間突入で笑顔が消えて。
そんな状態が1番よく無いと思っていた。

だからこそ。
私が楽しくなればなるほど。
胎児も健康にスクスク育つのでは無いかと思っている。


重い物を持た無いとか、安静にとか。
身体なんて勝手に限界があるので。
重い物は持っても長時間は持て無いし。
いつだって直ぐに座る。
それ位で十分な気もする。
後は。
食費は節約せず。
食べ物を沢山食べている。


妊娠前よりチキンが食べたくなった。
乳製品もよく食べる。
本当はご飯やオニギリが恋しいが、パンやパスタ。
チーズにハム。
そして、ダイナミックなジャンクフード。


2人分だから。


という建て前の元。
よく食べている。



これまで以上に予測不可能な人生。
1人だろうが、子供と2人だろうが。
アーティスト活動とトランスパーティー、音楽を捨てず。
そして日本に帰らず。
愉快に過ごしたい。

f:id:kitagawamika014:20160511153002j:plainwe are on!! n

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村