ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

人間交差点 在ムンバイ日本領事館へ 2015-08-20 13:20:14 :INDIA 2015

f:id:kitagawamika014:20160511093447j:plain

ムンバイ勤務の10年来の日本人女性友人との2年ぶり再会。


たった1日だったが。
私にとって救世主。
かなり勇気と元気をもらった。

そして。私たちの数奇な運命。


私たちは全く間逆の理由でムンバイにある日本領事館へ赴いた。


私は。
赤児の出生届と謎の婚姻証明書の行方について。
彼女は。
現在、真剣交際中のインド人男性との結婚手続き方法。


ここに来て。
私の心身状態は不安で切迫状態。結婚しようとしたお相手、お相手の家族V.S.私。
のメール合戦。



など。
1人でいたら今すぐにでも自殺出来るくらいの大打撃と疲労困憊。
仲の良いムンバイ友人との与太話が無ければ本当に大変だった。

f:id:kitagawamika014:20160511093550j:plain


私は。
在ムンバイ日本領事館の職員の方に色々アドバイスを頂いた。

出生届は。
日本に郵送し日本の役所で戸籍に反映させ、そしてその戸籍をインドに郵送してもらい、赤児のパスポートを取得する方法でほぼ決定である。

書類など頂き、これなら1人で出来そうだ。

しかし。
問題は結婚。


私は。
マニプールにてヒンドゥー教ではなく、マニプール土着の宗教。
シャーマン的なお寺で結婚式を挙げた。
その結婚式の写真。
お寺からのなにか。
そしてお相手の書類。
私のパスポートコピーと写真。
をマニプールの役所に提出した。


私は日本の戸籍謄本は提出していない。


そして。
それらが受理され、結婚証明書を受け取る前に私は、結婚相手から逃げてきたのだ。


しかし。
その後。
全文英文の結婚証明書が。
from私の名前から、
日本にある祖父母の家に届いたとの報告。


私は。
一切、送った記憶は無い。
祖母いはく。
私の字で送られてきたと言う。

しかし、私は結婚証明書すら見ていないのだ。

叔母は。
では、お相手の方が勝手に送ったのかもね。
と。


私はお相手とお相手の家族に確認。
彼らいはく。
インド政府が日本の祖父母の家に送ったと言う。


祖母、叔母はそんな筈はないと言う。
私から郵送されて来たと言う。


もう。
何だか分からない。板挟み状態。


ムンバイ日本領事館の方によると。
そんな事、インド政府側がするかしら。
と首を傾げ。
兎に角。
その結婚証明書が何なのか確認する様にと。
日本の祖母や叔母にデータを送ってもらえば。
発行元や発行番号が書いてある筈。
そして、そこに問い合わせれば真相が分かる筈と。


結局。
私は結婚しているのか、結婚していないのか分からない状態である。



様々な旧友からのアドバイス。
この際。
お腹の赤児と私の心身の健康を考え。
離婚になるのかとか、養育費とかは後からにして。
とりあえずそんな、変な人とは、連絡を断ち忘れること。


その日本に私の名前から勝手に送られて来たと婚姻証明書だけが何なのか確認して。


後は。
もし。
結婚が成立してしまっていたら。
とりあえずは。
健康な出産。


そして。
結婚間違えたお相手が他の人と結婚する可能性もある。
離婚手続きや弁護士を立てて、立ち向かうよりも。
その契機を待つのもあり。
という新しい案が出た。

 

日本に帰る家は無い。
私の母親は統合失調症で一生入院の身。
父親は私が8歳の時に統合失調症の母親と離婚。
私は父親側へ。
父親は継母と再婚し新しい家庭になったが。
私が15歳の時に家族大戦争の故、父親は自殺。
継母は父親の自殺の前に離婚して幼い自分の子供2人を連れて逃げていた。

私は1人になった。15 歳。
母親側の祖母から金銭的援助を貰い、大学まで卒業。

現在。
連絡を取り合っている日本の親類は母親側の祖父母や叔母。
しかし。
私の立場は微妙なのだ。


一族の不良債権だろう。
 

そんな中。
歳の祖母に代わり役所手続きなどしてくれていた叔母が入院中だと言う。

祖母とは手紙のやり取りのみ。

なかなか。
前途多難。


アムステルダムへ向かう飛行機で涙は止まらない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村