ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

イマジネーションだけで時空旅行:Boom Festival 2014

f:id:kitagawamika014:20160507211450j:plain

みんなで野宿したポルトの教会前。贅沢な寝床だった。
❁☮❁☮❁

最終日を迎えた。
結局。最後の最後まで荷物を、託したルイとは連絡が取れず。
テントとバックひとつ。
一体どうしたら良いものか。と。
取り敢えず、最終日は丸一日、帰る人々の中、ルイを探した。
が。
夕刻になっても見つからず。
フェスティバル会場で就寝。
まだ食べ物屋さんなともやっていたのだ。


翌朝、目が覚めると目の前で、ナノとサンドラが寝ていた。
一体どこからやってきたのか、この人たちは、つくづく謎だ。
と思いながら。
再会を喜ぶ。


私は私の荷物もルイも、きっと既に会場を去ってしまっていると思い。
ナノとサンドラと共に会場を後にした。

彼らはポルトへ行くという。
私は明日のフライトでミラノへ。
てっきりリスボンからミラノの飛行機だと思い込んでいたが。
サンドラにチケットを見せたら。
あなたもポルトじゃない。
と。
危うく、飛行機を逃すところであった。
私は、彼らとバスでポルトへ。
到着したのは真夜中。
それでも、フェスティバル帰りの当てのない。他の3人も居て。
ワラワラと。
私たちは彼らに便乗し、夕飯を、食べ。
何故か全員満場一致で、野宿。
ポルト教会の前で就寝。
私は翌朝のフライトでミラノ。
カモメの声がまだ街全体に響き渡り。皆が寝静まる朝。
1人。こっそりと起き、地下鉄で空港へ向かう。

久しぶりの文明社会。
何も荷物を持たず飛行機に乗り込むことは、なんだか清々しかった。

免税店では香水やホワイトニングなど試してみたり。
大自然とのギャップを満喫。

いきなり宇宙ステーションにタイムスリップした気分である。

そして。
到着。雨のミラノ。

❁☮❁☮❁

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村