読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウッカリ世界で一文無し。ウッカリ世界で妊娠。そしていきなり母子家庭だけどインドを中心に移動式生活続行中。息子ハッチとの日々を綴ります。

初ヨーロッパ大陸進出  Spain 2014

f:id:kitagawamika014:20160506090129j:plain

モロッコでも不思議な繋がる感覚はあった。
全ての事はメッセージ。そんな生活。
通りすがりのおじさんが「ちわわ」と言うので、こんにちわ。と言いたかったのかと思い。
「こんにちわわ」と返信してしった。
恥ずかしい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

世界っていうのは。
人生っていうのは。
みんなの気分や感情の総合形態だから、まぁ。なるようになるってこと。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

モロッコの人たちは悪戯っこ。
移動の時間がギリギリで焦っている時に限って、冗談をふっかけてくる。

心の寛大さ、余裕が試されている気分。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


こうして路上に座っている中。
やはり世話焼きな誰かは話しかけてきてくれるもので。
最終的に価格は50DHで親指程度のモノを売ってくれる人に出会い。
やっぱり、そもそも高い気がするのだけど、仕方が無いので、モロッコを出る前に少しだけ、まとめ買いをした。
ブームフェステバルへ向かうヒッチハイク一週間ほどの期間分くらい。
そう。フェステバルへ到着すれば。どう転んでも、どうにでもなれるのだ。
私はそれをゴアから学び、知っていた。

f:id:kitagawamika014:20160506090153j:plain


私は二週間、マラケシュの路上で稼がせてもらい、学ばせてもらい、夜行列車でスペインへの国境の港街へ。
列車は冷房が効いていてシーツもあり、外国人女性旅行者だけで固められた四人ベッドのコンパートメント。
寝ていれば到着。
そして、駅の裏で朝のお弁当を一服。
そしてタクシーを探し、フェリー乗り場へ。
フェリーは高速船、スペイン、タリファまで。
たいしたチェックもなく、簡単にパスポートを見て、荷物をX線に流すが誰もそんなの見ていなく。
それはモロッコを出る時もスペインに入る時も同じだった。
フェリーは、鹿児島から屋久島や沖縄などへ行く大型船のような雰囲気で快適であった。
そして、スペイン、タリファ。
片道350DH。


f:id:kitagawamika014:20160506090142j:plain


雰囲気ががらりと変わった。
まず。
「グラシアス」「オラ」を覚えたスペイン、タリファの港町。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村